MENU

話す態度で片思いの相手と仲良くなる

スポンサーリンク

好きな男性ができて片思いの相手に自分を見てもらうためには、会話が大事になってきます。
しかし、なかなかうまく話せない、もしくはどう話したらいいのかわからないという人も多いでしょう。
しかし、実は会話の内容よりも話す態度のほうが男性の記憶に残るものです。
ですから片思い中の女子は、少し意識して会話中の態度を気をつけてみましょう。


男性の多くは笑顔の女性に惹かれるものです。
ですから、気になる相手が話している場合は、常に笑顔でいるように努めましょう。
もちろん、会話の内容にもよりますが、真面目だったり、悲しい話や相談されたりする場合にはむやみに笑うと真剣に聞いていないという印象を与えてしまうので、そんな時は表情を変えましょう。
しかし、自然な笑顔を絶やさないことは片思いの相手に自信と安心を与え好印象を残すことができます。

スポンサーリンク

そして、目を見て話すことは大事です。
「目は口よりも多くを語る」と昔から言われているように、目の表情で彼のことをもっとよく知りましょう。
こちらが男性の目を見て話すということは、男性も女子の目を見るわけですから、彼をドキドキさせる効果もあります。


しかし、時には男性の言っていることに納得できないこと、また意見が違う場合もあるでしょう。
そんな時にあまりにも強く否定したりすると、男性のテンションは下がってしまいます。
それでも、自分の意見をしっかりと持っていることを上手に伝えましょう。
「でも」「えー」などの否定分をあまり使わないこともおススメです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加