MENU

既婚者への片思いのリスク

スポンサーリンク

片思いは楽しい時間でもありますが、好きになっても伝えられない状況になると辛い時間でもあります。
特に好きになってしまった人、片思いの相手が既婚者である場合、恋愛が成就する可能性は一気に下がってしまいますし、例え自分の気持ちに答えてくれることになっても、浮気相手という立場になってしまい、リスクが高い恋愛になってしまいます。


既婚者の男性に片思いしてしまった場合はリスクを考えることで、気持ちにけりをつけることができる場合が多いようです。
恋愛は自由とは言え、既婚者であるということは、すでに誰かに属していることになります。
自分の思いが成就した場合には、好きな人に誰かを裏切らせることになりますし、周囲の人を傷つけ、自分の心にも大きな傷跡を残す可能性があります。

スポンサーリンク

社会人なりたての場合は特にすこし年上の大人の男性の振る舞いにときめいてしまうことが多いようです。
同い年の男性とは違う大人の振る舞いにばかり目を向けて、自分の気持ちに歯止めをかけることを忘れて、どんどん好きになってしまい片思いして苦しい目にあってしまうでしょう。


また、「若いうちに浮気の一度くらい」と思って、自分の感情に先走ってしまうと、浮気がばれた場合に、配偶者側から慰謝料を請求されたり、会社から転勤や減給、もしくはクビといった社会的制裁が加えられたりする場合もあります。
このように既婚者への片思い、恋愛はリスクが大変多いと考えられます。
気持ちが収拾つかなくなる前に、気持ちの整理をつけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加