MENU

失恋しました。相性が良くなかったと割り切るしかありませんか?

スポンサーリンク

失恋したことを現実として受け入れられない人は多くいるようです。
「あの人が運命の人だったのに」「あの人は誰よりもよかった」などと恋愛が終了したのにもかかわらず考えていると、正直前には進めないでしょう。
好きだったからこそ、本気だったからこそ失恋が大きな痛手になるわけですが、一緒にいられなくなったのにはなにかしらの理由があったはずなのです。


恋愛が一度終わって少し落ち着けば、客観的に改めてお互いに相性が良かったのか考えることができます。
もちろん好きで好きでも状況が許さなくて、また何かしらの理由で別れる場合もありますが、それ以外では結局のところ相性が合わなかったと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

二人の人間が共に同じ時を過ごすため、また信頼関係を築くためには、お互いが何かしら我慢をしていかなければいけませんが、自分の性格を変えなければいけないとか、我慢しなければいけないといった無理な恋愛は結局長く続かないでしょう。
相性の良し悪しは短い期間で分かることはあまりありませんが、もし好きでも彼と一緒にいることが辛かったり苦しかったりするのであれば、相性が良くないということでしょう。


気持ちがすべて通じ合うような関係を築くのは難しいですが、好きな気持ちがあっても一緒にいて苦しい気持ちがあるのなら相性がよくなかったんだと受け入れるようにしていきましょう。
失恋後、次の恋愛をするためのステップには終わった恋愛を「相性が良くなかったんだ」と蹴りをつけてしまうのが一番でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加