MENU

失恋して、彼に怒りさえ覚えています。どうやったら沈められますか?

スポンサーリンク

失恋で感じる一番の理由が、自分の思いが叶わなかったことに対する悲しさや、好きだという気持ちが届かないやりきれない思いです。
しかし中には失恋したことで、悲しさよりも憎しみや怒りが湧いてきて、上手に処理ができないという人がいます。
日本でも昔から「かわいさ余って憎さ百倍」という言葉があるように、いとしさと怒りや憎しみは複雑に絡み合っているものなのです。


失恋相手に怒りを感じる理由は色々あるでしょう。
例えば相手が彼女もちだったり、全然その気もないのにご飯に誘ってきたり、優しくしたりボディタッチをしてきてその気にさせるような行動を取っていたのなら、遊ばれたと思って怒るのも当然でしょう。
また自分の気持ちが届かなかったということ自体に怒りを感じてしまう場合があるようです。

スポンサーリンク

怒りの感情が湧いてしまうのはしょうがないかもしれませんが、しっかりと自分で感情をコントロールしないと結局は自分を傷つけたり、問題を起こしたりしてしまう結果になります。
未来を見据えずに怒りにばかり感情を向けていれば、新しい出会いを見つけることも出来ないでしょう。


怒りにまかせて、相手や相手の新しい恋人に嫌がらせをしたり、復讐したりしようとは決してしないようにしましょう。
むしろ失恋後の怒りの感情を「あんな男と恋愛しなくてよかった」「さっさと忘れてやろうという思いに変えるきっかけにしましょう。
そして運動や趣味など、感情を発散させることに集中して失恋相手への怒りを鎮めましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加