MENU

失恋しても自分を見失わない

スポンサーリンク

失恋した人の中には、あまりのショックに自分を見失い、ふさぎこんだり男性不信になったり、鬱になったり、人生の言いさえ見失ってしまう人がいます。
また自暴自棄になり、「自分なんてどうでもいい」と思ったり、「私なんて価値がないんだから遊んでやる」と誰かれ構わずに性関係を持つなど最悪の状況に陥ったりすることがあるようですが、それでは、人生を歩んでいくことはできません。
失恋したからと言って、自分の人生や価値を見失う必要はないのです。


失恋して自暴自棄になり、自分を見失い、自分が築いてきた評判や仕事や生活などを台なしにしてしまえば、それこそ人生は破たんしてしまいます。
失恋しても「いい恋だった」「本当に好きだったという気持ちは嘘じゃなかった」という風に発想の転換をしてみましょう。
人と恋愛関係を築いていくことは時間もエネルギーも必要ですが、辛い恋でも、叶わなかった恋でも何かしらの教訓を得られたり、成長はできたりしたはずです。

スポンサーリンク

人生には出会いのチャンスはいくらでも転がっていますが、自分を見失うとそのようなチャンスにも気づきませんし、自然に出会いの場から遠ざかっていってしまいます。
自分を見失いさえしなければ、新しい一歩を踏み出すチャンスとなるでしょう。


落ち込む気持ちはあって当然ですが、一過性のものとし、自分をしっかりと保ちましょう。
もちろん簡単なことではありませんが、考え方次第で失恋から立ち直ることができ、失恋も思い出の一つと考えることができるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加