MENU

ケンカ別れで失恋しました。これでよかったのか悩んでいます。

スポンサーリンク

失恋にも様々な理由がありますが、恋人と言う関係を一定期間築いてきたのに些細なことでケンカになり、最終的に大好きな彼とケンカ別れしてしまうということもあります。
ケンカ別れの場合はお互いのことを嫌いになったというよりも、どちらも歩み寄りをしなくて、感情がエスカレートして別れに至ることがほとんどです。
そのたま、どちらかが素直に謝ったと許してあげないと失恋してそのまま終わってしまうことになります。


ケンカの原因や度合いにもよりますが、落ち着いて考えてみると、どうしてあんなことを言ってしまったのだろうと、別れたことを後悔するかもしれませんし、「別れよう」といったのが相手で失恋したと思っていても、相手も時間を置いて考えが変わっているかもしれません。

スポンサーリンク

そのため、ケンカ別れによる失恋は復縁できる可能性が強いと言えるかもしれません。
お互いが自分は悪くない、相手が絶対悪いんだと思っているため状況が解決しないのなら、自分がまず冷静になって相手に歩み寄ってみましょう。
しかし下手にした手に出る必要はありません。
冷静にもう一度話し合いをしようと言ってみましょう。


しかし、自分は復縁をしたいと思っていても相手はケンカ別れだとしても、冷静に下した決定なので復縁する気はないと考えているかもしれません。
そのような場合は無理に連絡を取ろうとするのではなく、距離と時間を置いてお互いが落ち着いた状態で話し合いを提案しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加