MENU

既婚者に失恋しました。立ち直るには?

スポンサーリンク

片思いをして、自分の気持ちを明らかにしないままで失恋してしまうケースに既婚者に恋をしてしまうという場合があります。
既婚者を好きになってしまった場合、自分の思いが届かないということで落ち込んでしまいますが、失恋したとしても既婚者と関係を築くことのリスクを考えれば立ち直る助けになるかもしれません。


既婚者と言うことは、もし自分の思いが叶って恋愛関係に入っても、それは結局のところ不倫関係であり、本命になることは難しいのです。
好きな男性には家庭があるため、自分がもし相手と特別な関係になってしまえば、裏切りに悲しむ人が出てくるということです。

スポンサーリンク

またもし不倫関係になったとしても、その関係は長期的に続くものではなく、自分のエネルギーや時間は無駄になってしまうのです。
また、不倫関係がばれてしまった場合好きな人の配偶者との話し合い、賠償金請求、裁判など最悪な状況に陥ってしまう可能性もあります。
同時に、会社に不倫関係がばれてしまった場合、男女ともに降格、減給、左遷、また最悪な場合は懲戒免職になってしまうという社会的ダメージも考えられます。


このようなことを総合して考えると、失恋して諦める痛手のほうが、深入りして受けるダメージに比べれば程度は軽いと考えられるでしょう。
自分が既婚者を好きになっているという気持ちに気付いた時点で、その感情を育てないようにすることが大事ですし、新しい出会いを求めたり、仕事に集中したりすることで失恋から立ち直ることができるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加