MENU

失恋対策に、ドーパミンを活用すると良いと聞きました。どういうことですか?

スポンサーリンク

ドーパミンとは楽しい気分の時や幸せな気分の時に脳内から発生される物質ですが、恋愛している時は彼のことで頭がいっぱいですごく幸せで、このドーパミンの生成が活性化されるのです。
しかし失恋をしてしまうと、一気にこのドーパミンの生産量が減ってしまうことで、肝とが落ち込んでしまいます。
もちろん感情はドーパミンですべて左右するわけではありませんが、やる気を出すため、前向きになるためにはドーパミンを脳内で出すように仕向けることができます。


失恋をすると何もやる気が起こらないとか、外出する気にならないと多くの女性は感じますが、それでは新しい出会いはやってきません。
そこでまず始めることができるのは、運動でしょう。
運動にはランニングや水泳、テニスなどといったハードな運動もあり、運動している際には他のことを考えませんし、汗をかいて爽快感を味わうことでドーパミンも出て、気持ちは自然と明るくなるものです。

スポンサーリンク

そして、カラオケに行って思いっきり歌って発散してもいいでしょう。
最近は「一人カラオケ」も珍しくありません。
声を出すことは精神面でもいいですし、歌を歌うことで脳内のドーパミンの分泌が促進されるようです。
ただし、失恋ソングなどばかり歌うとくらい気持ちになるので、明るい歌を選曲しましょう。


失恋してしまうと心に傷を負ってしまうので、なかなか先に進むことは簡単ではありませんが、誰にだってそんな経験の一つや二つあるものなので、無理をしないで徐々に元気になっていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加