MENU

上手に別れを切り出す方法

スポンサーリンク

「あんなに好きだったのに、一緒にいても楽しくない」「恋愛感情がわかない」と思う場合、彼との関係を終わらせることを望むことになるでしょう。
付き合っているうちには当然感情の浮き沈みがあったり、好きモードになったりならなかったりするものですが、どう頑張ってももう一緒にいられないと思うなら、上手な別れ方をしていきたいものです。


正直、相手を傷つけない別れ方などは存在しません。
しかし、相手にお互いの関係が希薄になっていることを察知してもらえれば、別れの際にすでに予想していたり、予感したりしているので、ショック度は低いかもしれません。
そのため、別れたいと思うなら連絡量を減らしましょう。
メールや電話で連絡を取らないだけではなく、相手からの連絡にも少しずつ応じないようにすることで、やはり相手方も変化に気づいて行くでしょう。

スポンサーリンク

そして、ある程度の期間別れを予感させるような行動を取ったなら、別れを伝えましょう。
二人きりになれ、同時に密室でないところがおすすめです。
二人きりになれないとお互い気持ちや感情を表すことができませんし、密室にいると情が出てしまうことがほとんどです。
ですから、公園などひらけたところで落ち着いて話せるようにしましょう。


また、遠回しの言い方ではなく、はっきりと関係を終わらせたいことを告げるのも大切です。
「少し距離を置きたい」「少し考えたい」などよく使われるフレーズですが、この言葉は彼に期待を持たせてしまい、結局関係をうやむやしてすっきり別れることができなくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加